ログみたいな、どんどんファイルの下に文字列が足されていくようなファイルを見るためのスクリプトを書いたので紹介します。

これは実際に使って見るとこんな感じです。

logviewer

仕組み

仕組みは単純で、最初にファイルの最後までファイルポインタを進めます。そのあと、ファイルポインタを閉じずにファイルのタイムスタンプが更新されるのを待って、更新されてたら標準出力に出しつつファイルポインタを最後まで進めます。これのループだけですが、Web系のフレームワークが出すログファイルをこういう感じで出力してくれるといちいちファイルを見にいく必要も無くなるので便利だと思って作りました。