サプリメント

妊娠してから赤ちゃんのためにサプリメントを飲むようになりました。

それまでは人生でサプリメントというものを一度も飲んだことが無かったのですが、

(なんとなく、こういう科学の産物的なものは、逆に体に悪いんじゃなかろうかと疑っていました)

赤ちゃんのために必要な栄養や、その量・摂り方について、ちゃんと調べたり考えたりしないといけないな、と思ったからです。

妊娠がわかってから私の自宅近くにある西松屋に色々と下見をしに行くようになったので、そこで売っているサプリメントを購入して飲むようになりました。

 

私が飲んでいたサプリメントを紹介します。

皆さんもかかりつけのお医者さんと相談したりしながら、検討してみてはどうでしょうか!

スポンサーリンク

 

 

*DHAが入っているサプリメント

頭が良くなるとよく聞く成分ですね。妊娠・授乳中にDHA・EPAを含むタラ肝油を摂取していたグループの子供は、そうでないグループの子供と比較してIQが高かったという研究結果もあるそうです。

青魚に多く含まれる成分ですが、魚類を食べ過ぎると今度は水銀量を気にしなくてはならないので、 私はサプリメントでまかなうことにしました。

赤ちゃんがアレルギーになりにくなったり、早産やコレステロール上昇の予防になったり、精神が安定したりという効果もあるそうです。

 いいこと尽くめでぜひ摂りたい栄養ですね!

 

*カルシウムのサプリメント

私は足がつるようになってカルシウムが不足していると思い、飲むようにしました。

お母さんの体に蓄積している分を赤ちゃんに送っているので、不足しやすい成分なのだそうです。

不足するとイライラしたり、骨が脆くなったりもするのでしっかりと補いたいですね。

  

*葉酸、カルシウム、鉄が入っているサプリメント

妊娠すると、とにかく葉酸が必要です。

葉酸は赤ちゃんの成長に必要であり、臓器の形成において欠かせない栄養素です。

葉酸が不足すると神経管閉鎖障害、二分脊椎症、貧血、胎盤早期剥奪、流産などの発症率が高くなるようです...

葉酸の一日の摂取量は400μg以上です。

ただし、1000μg以上摂取すると喘息になるリスクが高まるそうなので、摂りすぎには気を付けてください。

また、鉄分は貧血の予防になります。私も検診のたびに貧血を指摘されているのでかかせない成分です。

 

サプリメントを摂るにあたって

 

サプリメントの商品によっては、パッケージや商品名に大きく書かれている成分だけでなく、他の成分が補助的な意味で入っていることがあります。

その成分がもしかしたら、妊娠中に摂らない方がいい成分だったりすることもあるかもしれないので、その点は要注意です。

基本的に、もし多少割高であったとしても、妊婦向けだったり赤ちゃん用品の専門店で売っているものを買うのが安心なのではないかなと思います。

 

基本的な栄養摂取はやはり、日々のバランスのとれた食事が基本だとは思いますが、普通の食事では摂取することが難しい栄養もありますし、食事の好き嫌いや、つわりで辛かったり、胃が圧迫されて食欲が無いことも妊娠中はよくありますので、そういう時の補助的な意味でも上手にサプリメントを活用していくことが大事なのではないかなと思います。

また、妊娠週数によって有効なサプリメント/栄養素は異なるので、そのあたりも調べてから始めてみてください。

 

赤ちゃんが元気に産まれて来てくれるように、できることは可能な限りしてあげたいと思いますよね。

サプリメントもそのうちの一つとしておすすめです!

 

f:id:hebikoguma:20161114171843j:plain