ドラムレッスンの生徒さんが企画した震災のチャリティーライヴに参加します 4月9日(土) 新横浜サンフォニックスホール 開場 13:30  開演 14:00 入場料替りに1000円掛かりますが全て義援金に回すそうです。 浅草Theとさや85 アコースティックスタイルで出演します。 当日はCDの販売をしますが売上は全部義援金充てたいと思います。 皆様どうぞよろしくお願い致します。

https://www.reddit.com/3zsn4s/

演習の最後の私の質問から話が進んで、5号館のつぶやき先生は「(コミュニケーター自身が科学者・専門家でないことも多いので)自由に使える(ブログのネタにできる)科学者が身近にいるといいよね」というようなことをおっしゃっておりました。

自由に使える科学者!? うちにいます。はっきりここで書いたことはありませんでしたが、夫は天文学者で某大学の教員です。一応は、若手研究者と言えるでしょう。

そういう年代の人こそ、今やっている科学の研究について、ブログで広く発信できれば、それはとってもおもしろい、わくわくするものになるでしょう。しかし、本人には全くそんな時間はありません(私がブログを書いてるって聞いて、「いいね、暇で」と言ってきたくらい…。orz)。もちろん、夫に限らず、多くの研究者が「そんな時間はない」と思っているでしょう。

そこで、先生は、身近な科学者から話を聞いて、科学者に代わってコミュニケーターがブログで発信できればばいいね、ということをおっしゃったのです。

実は、天文学者の奥様がその生活をつづっている、この業界では有名なページがあるのです(天文台マダム日記)。ただし、ここは、ブログでも日記でもなく、ホームページの形式ですので、毎日のように更新があるわけではありません。が、いずれにせよ、天文学研究者(とその家族?)のちょっと変わった日常を読みたいと思っている人は多いということは、ここへの関心が高いことから知っていました。

けれども、そう簡単にブログ形式で毎日のように、というのは、我が家に関しては無理そうだなぁ〜、というのが正直な結論です。何故って、よくよく考えたのですが、うちの情報が出過ぎてしまうような気がしてならないのです。夫にそうあれこれ取材するのもかわいそうなような…(ネタにされてるという意味で)。それにそれに、私は、先のCoSTEPの情報収集演習で気付いたように、「“自分が”体験したことを発信したい」タイプなんです(id:camelopardalis:20060813)。

折角、元公開天文台研究員という経験とか、もっと他の研究者とのパイプもあるのですから、できれば、自分自身が見聞き、体験したことを書きたいのです。そのためにも、今後積極的に接する機会を増やしたい、そう思うのでした。まずは、来週の天文学会の年会から、かなぁ〜?

f:id:gaku-tokyo:20151031173613p:plain

 兵庫県が30日に発表した2015年4〜6月期の県内総生産(GDP、季節調整済み)は、物価変動の影響を除く実質で1〜3月期に比べほぼ横ばいだった。年率換算では0.1%増。4〜6月期は全国のGDPがマイナス成長だったが、設備投資が下支えになり、兵庫県はかろうじてプラス成長を維持できた。

 1〜3月期の成長率を押し上げた民間在庫が大きく減少したことで、GDPの伸びが抑えられた。住宅投資も2期連続で減少。半面、新年度入りもあって企業の設備投資が2四半期ぶりで増加に転じたのと、個人消費もわずかながら2四半期ぶりに増加した。 物価変動を考慮しない名目GDPは4兆8929億円と前期比でほぼ横ばいだった。


f:id:meganeyamada:20160403213227j:plain

どうも、俺です。

久しぶりの更新ですが、活動できていなかったわけではなく、単にネタになるほどの何かはなかった、というだけです。

アクセスのキーワードを見ると、CX-3の車中泊で検索されている方が多いようで……。

予定は未定ですが、車中泊用の色々を準備して、GWには2泊3日くらいの旅行をする予定です。

乞うご期待!


今日は先週末、名栗湖に行ってきた報告を。

本当はバイクで行く予定だったのですが、朝5時半に起床して、雨雲レーダーを見ると、自宅の周りが雨雲で囲まれてました。

一瞬、じゃあ寝るか、となったのですが、せっかく起きたし、準備もしたし、じゃあCX-3で行くか、ってことになりました。


名栗湖には何度か行っているのですが、ラーツーを始めてからはラーの地に選んだことはなく。

雨が降っていても東屋があるので、そこでやればいいや、と楽観して6時ごろ出発です。


青梅を抜けて名栗湖へ向かいます。

ワインディングは、バイクなら楽しいでしょうが、CX-3でスポーツ走行するにはちょっとRがきついですね。

途中でお行儀よくケツについたスバル車や、ゴリゴリ煽ってきたCB1300には道を譲りました。

天気のせいか、時間のせいか、車の数は少なくて快適です。

空模様は曇りがちですが、本当に雨が降っていたのは自宅の周辺だけでした。

路面を見る限りでは、青梅からこっち、降った形跡がありません。

これならバイクでもよかったかもと思いましたが、いいんです、洗車が面倒なので、CX-3がいいんです。


なんだかんだ1時間ちょいで名栗湖にたどり着きました。

f:id:meganeyamada:20160403213225j:plain

ここら辺はさすがに桜はまだですね。

来週また来たら、満開の状態が見れるでしょうか。


幸い、ベンチは濡れていなかったので、ダムの説明板の前をラーの地とします。

……寒さと空腹で、ろくにロケーションを考えていなかったのは内緒です。

f:id:meganeyamada:20160403213224j:plain

あっという間に完食です。


f:id:meganeyamada:20160403213226j:plain

堤の上には、早朝から爆音を響かせたライダーたちが続々と集まってきていました。

大声で話している声が流れてきましたが、どうやら知り合いではないようです。

自分はああいう、世間話に巻き込まれるのは好きじゃないので、バイクでなくてよかったと思いました。

情報交換とか工具貸してくれとかならいいんですけどね。


食べるもの食べたし、そろそろ帰ろうかという段になって、なかなか絵になる写真が撮れました。

f:id:meganeyamada:20160403075223j:plain

また名栗湖へ行くなら、次はバイクで来たいですね。

問題

問題概要

省略

解法

誤差の許容が大きいため、モンテカルロ法を使えばいいらしい。やっていることは、確率pで1枚目を選ぶとあるので、乱数で0~1までだし、pより小さければ1枚目を選び、そうでなければ、その他のものを等しい確率で選ぶというシミュレーションを何度も行っている。誤差が緩い場合、何回もやれば、正確な値に近づくという考えでやっていってもいいらしい。

ミス

こういう感じの問題は初めて。

コード

#include <iostream>
#include <algorithm>
#include <vector>
#include <cstdio>
#include <cstdlib>
typedef long long ll;
using namespace std;
#define rep(i,n) for(int i=0;i<(n);i++)

int n;
double pa, pb;

vector<int> solve(double p){//取り出す順番の添字を返す
    vector<int> v, ret;
    rep(i, n) v.push_back(i);//スロット

    int x;
    rep(i, n - 1){
        //rand()%(B-A+1)+A; B=1000 A=0
        double nowp = rand() % (1001) / 1000.0;//乱数で0.000~1.000
        if(nowp <= p) x = 0;//0番目を選択
        else x = 1 + (n - i - 1) * (nowp - p) / (1 - p);//その他のものを等しい確率で選ぶ
        if(x < 0) x = 0;
        if(n - 1 - i < x) x = n - 1 - i;
        ret.push_back(v[x]);
        v.erase(v.begin() + x);
    }
    ret.push_back(v[0]);//使うカードが一枚しかない場合
    return ret;
}

int main(void){
    cin >> n >> pa >> pb;
    vector<int> a(n), b(n);
    rep(i, n) cin >> a[i];
    rep(i, n) cin >> b[i];
    sort(a.begin(), a.end());
    sort(b.begin(), b.end());
    
    int win = 0;
    rep(i, 400000){
        vector<int> va, vb;
        va = solve(pa);
        vb = solve(pb);
        int sa = 0, sb = 0;
        rep(j, n){
            if(a[va[j]] > b[vb[j]]) sa += a[va[j]] + b[vb[j]];
            else sb += a[va[j]] + b[vb[j]];
        }
        if(sa > sb) win++;
    }
    printf("%.9f
", (double)win / 400000.0);
    return 0;
}

arigayasさん経由。
pixivのインフラの紹介セミナーがどこかであったらしい。

うーん?

晴れて、真夏のような暑さの日があったり、

梅雨らしく雨の日があったり。6月、そんな季節ですね。

 

6月の「うたごよみ」は、

梅雨の季節を感じる歌で、うたあそびしました。

 

雨をあらわす詩、手遊び、

歌と一緒にお手玉をします。

リズムのある動きの中で、身体の感覚も育てます。

そして、立って、手をつないで輪をつくります。

 

シュタイナー教育のライゲンでは、輪になる動きを基本としています。

日本に昔から伝わる「かごめかごめ」のような、輪です。

 

きれいな輪をつくる、ということも

初めて、体験で参加のお子さんたちには少し、難しかったのですが

回を重ねるうちに、まあるい、きれいな輪ができてくるはずです。

 

雨の季節によく見られるものといえば…

かたつむりです。

いくつかの、かたつむりの歌や雨の歌で、うたあそびします。

 

みんなそれぞれ、可愛らしいかたつむりになったり

みんなで大きなかたつむりのうずをつくったり。

たくさん動いて遊びました。

 

初めてのお友だちも、楽しんでくれたようです。

 

今月も、私の作った曲も入れました。

劉御(リューユイ)さん作の「かたつむり」という詩に

曲をつけました。

 

曲をつくるときは、

なるべくペンタトニック(5音音階)を使い、

できるだけ覚えやすく歌いやすい、

シンプルな歌になるようにと

前日まで、試行錯誤して作りなおしたりしています。

(最初作ったときは、もっと凝った感じだったりするんです)

 

素話は、今月も日本の昔話にしました。

絵本も何も見ないで聴くので、始めは、集中がとぎれる子も

慣れるうちに、絵も何も見なくても、話だけで想像して聴き、

お話の世界に入ることができるようになります。

 

昔話は、昔から口伝えで、語り継がれてきたものなのですが

全国各地に似た話があって、少しづつ違ったところもあったりして

調べると、とても面白いです。

私も娘と息子が小さい頃、

毎晩のように、昔話を読んで聴かせていました。

語り部によって伝えられてきた、100話載っている本を、

怖い話以外は(怖いのやめてと言うので。山姥が出てくるやつとか…)ほとんど全部、

とくに気に入っている話を繰り返し、聴かせたものです。

 

遠野の阿部ヤエさんによると

わらべうたと昔話で、子どもが学び、育つのだそうです。

たくさん動いた、うたあそびの最後に、

落ち着いて聴くためにもお話を、取り入れています。

 

「うたごよみ」は、30分のうたあそびですが

説明も指示もなく、とぎれることなく歌やお話をするので

ほんとうに盛りだくさんです。

 

内容を組むのと、子どもたちの動きをイメージしながら

流れがとぎれないよう歌い、(覚えて、何も見ないで)素話も語れるように

準備を重ね、

私も、すごいエネルギーを使っています。

 

 子どもたちが集まって、動きながらだと

熱気がすごいかも(笑)

また次回も楽しみです  

このブログ読者の中のほとんどの方はカンボジアに興味があるか、または海外旅行が好きか、だと思う。

一生海外旅行しながら生活できたらいいと考えている人もいるだろう。

でもやり方がわからずに立ち止まっているから、思考がそこで止まっているはずだと思う。

以下に当てはまる人へ。

  • 海外旅行をしたい人
  • 海外に住みたい人
  • インターネットビジネスでお金を稼ぎたい人
  • 不労所得が欲しい人
  • ブロガーとして生計を立てたい人
  • 3ヶ月で英会話力を急激に伸ばす方法を知りたい人

 

こんな方にはこちらのコンテンツをオススメしたい。(ぼくのコンテンツではないですけどww)

旅とお金の極意塾

セールスコピーがそれほど惹かれないけど(笑)、かなりの参考になると思うし、実際力を入れて実践すれば一生海外旅行しながら生活も不可能じゃない。

ほんとうにこうやって生きている人を何人か知っているしね。

ぼくのコンサルはここまでがっつりビジネス寄りじゃなくて、海外旅行しながら、滞在費・航空券などをペイできるノウハウを提供している。

航空券を最安で購入する方法、滞在費をほぼペイできる方法、そして旅先で買い付けて日本で販売して利益を出す方法、こういったことをノウハウとして伝えている。

自分の仕事をつくる旅

独自で試行錯誤しながら旅をビジネスに結び付けてもいいし、時間の節約と成功率を挙げるなら塾なりコンサルなり受けて身に付けるべきかなーって思う。

とりあえずぼくは今からフィリピンの映画館でジュラシックパークを観てこようと思う!!

ランキングに参加しています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
にほんブログ村


ゲストハウス ブログランキングへ